190413 4月13日(土) 第23回「料理を楽しむ会」 開催

フランス料理 講師 マキシム・ラセルダさん

「料理を楽しむ会」は、目下、≪杉並区在住の外国人からお国の家庭料理を習う≫シリーズを行っているが、5回目の今回は講師にフランス人男性、マキシム・ラセルダさん(32歳)をお招きした。日時は4月13日(土)14時から、場所は井草地域区民センター調理室で、18名が参加した。
ボルドー出身のマキシムさんは来日3年目、現在は幼稚園の先生をしながら、旅行業を目指している。大学では日本語を専攻、日本のアニメの大ファンでもある。
この日のメニューはキッシュにクレープにオニオンスープ。 キッシュは極めて一般的なフランスの家庭料理とのことで、深めの耐熱皿にパイ生地を伸ばし、その中に牛乳、生クリーム、卵、ベーコン、キノコ、ホウレンソウ、チーズなどを合わせて入れ、オーブンで焼く。クレープはフライパンで皮を薄く焼き上げるのかコツだが、皆さんなかなかの腕前で、バナナ、イチゴ、はちみつと一緒にデザートとした。オニオンスープは玉ねぎをあめ色になるまで炒めるのだが、こちらは世話人の一人、渡辺祥子さんが特別講師となり厳しく指導、その甲斐あってか各班とも失敗なく出来上がった。
差し入れの高級フランスワインと購入したお安いチリワインーと一緒にボリュームたっぷりの午餐となったが、ワインは値段の違いほどにアジの違いは問題にならなかったようである。

(文・田口佐紀子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です