2019.03.17 3月17日(日)2018年度東京都23区支部大会に参加

総勢324名(内、杉並稲門会16名)の出席者の下、森喜朗元首相の講演会並びに、懇親会が盛大に行われました。

森喜朗元首相の講演会

森喜朗元首相の講演会

 杉並稲門会メンバー(1)

杉並稲門会メンバー(1)

杉並稲門会メンバー(2)

田中愛治第17代総長ご挨拶

田中総長&萬代校友会代表幹事と一緒に記念写真

練馬稲門会フォークソング愛好会と一緒に歌う前坂さん・中村さん・平賀さん

2018.10.21 10月21日(日)「稲門祭2018大隈庭園」 出店

10月21日(日) 稲門祭2018大隈庭園でのお寿司3点セット(古市庵のお寿司・たねやのどら焼き・ペットボトルのお茶:1,000円/セット)を販売しました。用意しました200個を完売することが出来ました。
昨年の荒天と打って変わって、今年の稲門祭は雲一つ無い秋晴れに恵まれ校友の皆さんの出足が良かったことが200個の完売(午後1時半に完売)に繋がりました。 これも販売PJチームの皆さん(尾上孝サブリーダー・嗣永典子幹事・原宏幹事・中村昌代第1B世話人・大田忠雄第4ブロック世話人)のお蔭と感謝しています。
尚、この売上金は経費を除いて、一部を校友会に納めて学生への奨学金に充てられます。

久保田会長を囲んで(大隈庭園)

販売スタッフの皆様(前列左・尾上さん、中村さん、嗣永さん;後列左・原さん、大田さん)

杉並稲門会の皆様(大隈庭園内の杉並稲門会の席にて)

最初のお客さん!(大隈庭園・杉並稲門会出店)

2018.04.16 4月16日(月) 早稲田大学校友会 東京都23区支部 2018年度定時総会に参加

東京都23区支部定時総会は2018年4月16日(月)18時より大隈会館2階会議室にて以下の通り開催された。

第一部 総会
議長・小林弘和支部長(葛飾稲門会会長)のご挨拶に続き、2017年度活動報告及び収支決算案の報告承認、2018年度支部長以下の役員選任、2018年度活動方針及び収支予算案の承認の3議案の審議が滞りなく終了した。 今年度から従来の「単年輪番制」から「ブロック単位4年制」に変更され、2018年~2019年は移行措置として第2ブロックが担当になり新支部長に中野稲門会会長高田宜美氏が選任された。(杉並稲門会所属第3ブロックの担当は2020年~2023年) 2019年3月の支部大会は元総理森喜朗氏の講演を予定。

第二部 懇親会
高田宜美支部長のご挨拶、来賓代表の萬代 晃校友会副代表幹事のご挨拶、校友会への寄付金目録贈呈後和やかな懇談、校歌斉唱で閉会した。

(文責 久保田貞雄)

2018.03.18 3月18日(日)早稲田大学校友会 2017年度東京都23区支部大会に参加

今年は、葛飾稲門会が、支部長区で支部長区輪番制最後の年となった。長年の議論の末、来年からは、ブロック輪番制が、開始される節目の大会となった。  第1部「講演会」は、本学OBの現静岡県知事の川勝平太氏が、演題「富士山・稲穂・世界」で早稲田・日本を中心に日本史的・世界的視点で極めて博学な知識・学識をもとにお話しされ、約400人の大隈記念講堂(大講堂)の聴衆の心を揺さぶる講演であつた。  第2部「懇親会」は、会場を<リーガロイヤル東京>に移し、約300人の参加者の下、執り行われた。来賓のご挨拶は、早稲田大学総長鎌田薫氏が、20分超と長めのご挨拶を述べられた。総長は、今年11月で8年の任期を終え、退任されるので万感の思いがあったものと思われた。最後に、杉並稲門会参加者15名と総長との記念写真を撮り無事終了した。

参加者  笠原美子、松本甫、名取義久、内田直彦、竹田隆雄、久保田貞雄、長谷川将、前坂靖弘、田中保、加藤健、中村昌代、千葉明義、萩原和之、若菜茂、太田忠雄 以上15名

文・若菜 茂/写真・加藤 健

 

2018.01.20 平成30年1月20日(土) 練馬稲門会ニューイヤーコンサートのお知らせ

練馬稲門会より平成30年1月20日(土) ニューイヤーコンサートのお誘いがありました。
ご興味のある方は、申し込みをお願いいたします。

◇ 演奏:早稲田大学交響楽団
◇ 日時:平成30年1月20日(土) 16時30分  開場17時開演
◇ 会場:練馬文化センター大ホール

指定席: 1階席及び2階席前方全1,056席3,500円/1枚
自由席: 2階席後方全340席2,000円/1枚

Download 201710271413.pdf (PDF, 398KB)