2015.09.15 9月15日(火)第7ブロック 第2回日帰りバスツアー開催

第7ブロックでは懇親会の一環として、初秋の甲斐路に焦点を当てた日帰りバスツアーを実施しました。
当日は天候にも恵まれ、40名の参加者は、訪問先の案内パンフレットと菓子袋の入ったトートバッグを受け取ってバスに乗車。定刻に出発した車内では、冨田先輩差し入れの洋菓子をいただきながら、自己紹介や訪問先の説明を聞いているうちに目的地に到着。最初の訪問先は、《種をまく人》を収蔵し「ミレーの美術館」として広く親しまれている山梨県立美術館で、開催中のルートヴィヒ・コレクション ピカソ展(特別展)を楽しみました。≪手を組んだアルルカン≫、≪銃士とアモール≫、≪貧しい食卓≫といった有名な作品以外にも油彩、ブロンズ、版画、陶器等数多くの作品が展示されていて、《種をまく人》、《落ち穂拾い》、《鶏に餌をやる女》といったミレー作品等の常設展まで鑑賞するには時間が足りないほどでした。
そして昼食時には、6月にオープンして評判となっていた南アルプス市の『完熟農園』を訪問。そこでは、スローフードビュッフェの昼食やアルコールを堪能し、新鮮な果物や野菜等のショッピングを楽しむことができました。さらにそこから勝沼近郊の『盛田甲州ワイナリー』を訪れ(「ねのひ」で知られる盛田酒造はソニー盛田氏の実家)、醸造施設とヴィンヤード(ワイン専用品種畑)を見学。施設見学の後には薫り高い12種のワインの試飲を楽しみ、気に入ったワインなどをお土産にしました。帰りの車中ではワイナリーで購入した4本のワインも堪能し、帰途につきました。

参加者:中村昌代、千葉明義、藤崎美穂、宇都木光一、松倉 崇、角田宏一、前坂靖弘、宮部敏明、石田順康及び夫人、櫻井孝男、加藤 健 、高田豊昭、秋山一郎及び夫人、扇和子、尾上 孝、川口浩司、小坂 徹 、柴田祥彦、高橋達見、都築浩子、冨田眞次郎及び夫人、野口孝夫、林 厚彦 、平澤光郎、松倉静江、村井小枝、矢島典明及び夫人、八巻昭、山中慎一、杠一義 及び夫人、小林泰子、板垣伸夫 、渡辺祥子

(高橋達見記/写真)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です