160108 1月8日(金)第4ブロック一金会開催  

新年初一金会は「防災について考えよう」のテーマに20名が参加した。
福島泰彦さんから30分にわたって、お話をいただいた。国土強靭化法が施行され行政・民間も変わってきていること、しかしなんと言っても「自分の身は自分で守る」ことが必要で、防災意識が不可欠であることに始まり、話は地震災害や火山爆発(首都圏では富士山)にも及び、情報は多くなったがそれを「生かすこと」や水・食べ物の備蓄の重要性など広汎にわたるものであった。その後飲食をしながらの時間に移り、4年余前(東日本大震災直後)に防災の講演をいただいた原山金三さんや地元で防災に携わっておられる佐藤文夫さんからもコメントをいただいた。
他にも多くの方の発言があるなど、参加者の関心が高く、開催時間を通してほぼ防災から離れることのない2時間であった。阿佐谷北・陽(ヒナタ)にて。

参加者:明石玲子(1B)、小豆澤照男、井口昌彦、祝裕太郎、牛山洋一、金井俊夫、栗原正彦、佐竹孝、佐藤文夫、鈴木延幸、田村純利、西野正浩、原山金三、平田久、福島泰彦、前坂靖弘、前田研二、水野健樹、村上禮三、百地健(敬称略・50音順)文責:前田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です