140503 5月3日(土)吉藤健太朗君と「分身ロボット」講演会開催

吉藤健太朗君は、母校の創造理工学部在籍の学生でもあり、早稲田大学インキュベーション・センターを経て、オリイ研究所を設立した「ロボット」の研究・開発・製造を手がけるベンチャーの旗手でもある。
早稲田大学では40年余にわたりロボットの研究・開発に多大の実績があると聞く。吉藤君の目指すロボットは彼の少年時代の入院体験からくる「行きたいところにいける」、「会いたい人に会える」を入院中の病人、施設にて生活されている老人に「喜び、楽しみ」を提供する道具としてのロボットで、産業用や医療・介護用のロボットとは異なるものである。著名な諸先輩の講話とは別種の若い世代の新しいチャレンジ話を聴こうと「分身ロボットの実演・講演」を去る5月3日杉並荻窪のタウンセブンの会議室で開催した。
杉並稲門会世話人の皆さんのご協力もあり、ゲスト2名を含め56名の方が参加され、若者のロボットに取り組む姿勢と熱意に賛同され、拍手喝采、質疑応答も大いに盛り上がった講演会であった。

(文/写真:長谷川 将)

参加者名(順不同/敬称略)
久保田貞雄、厚東健彦、田口佐紀子、明石玲子、梅津弘章、森 淳、森 典秋、池浦 慧、榊原茂典、藤森三郎、名取義久、松本 甫、青島 衛、石村誠人、堺田勝夫、竹田隆雄、野原一彦、千葉明義、馬場一義、馬場絹子、浅見源司郎、星 靖男、小川啓介、井口福彦、国本順子、国本幸孝、宇津木光一、金子直美 (ゲスト)、村上洋子、田中マリ、宮下敏郎、宮下順子、松倉 崇、栗原正彦、田中純利、西野正浩、前田研二、服部文夫、前坂健二郎、大友和男、萩原和之、加藤 健、成瀬 勝也、長谷川晴男、萩原慶人、山本 友、八巻 昭、柴田亜矢子、石賀幹春、金子義次、ゲオルギ(ゲスト)、松尾 清、伊藤広一、柴田祥彦、高田宣美、長谷川将、以上、56名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です