2018.04.01 4月1日(日) 第98回ウオーキングの会開催

初参加の荻田清さん(左)と熊谷彰さん(右)

宝野公園にて

鶴牧西公園にて記念撮影

乞田川(こったがわ)の桜

“多摩ぐる~り桜めぐり”

うららかというより少し汗ばむような春の一日、総勢31名で多摩市の桜の名所をめぐりながら、約8kmのウォーキングを楽しみました。
午前9時45分に京王多摩センター駅に集合。 まずは「一本杉公園」停留所までバスで移動し、コースの説明、初参加の熊谷彰さん、荻田清志さんの自己紹介の後、ウォーキングを開始。一本杉公園までの桜並木を通り、 団地の中に入って、戦後の多摩ニュータウン巨大開発の跡を見ながら落合第3公園、宝野公園へと進み、花見客でにぎわう奈良原公園までの富士見通りの満開の桜のトンネンルを抜け、 鶴牧東公園を過ぎ鶴牧西公園に至りました。ここで、満開を期待していたもののすでに花の見頃は過ぎてしまった見事なしだれ桜(樹齢200年、多摩市の天然記念物〉を観ながら昼食をとり、記念撮影。その後は乞田川(こったがわ) 両岸に咲き誇る桜並木の間を京王永山駅まで歩き、午後1時半に解散としました。 風に舞う花びらや川面の花筏も加えた桜づくしのウォーキングでした。

参加者(敬称略、順不同)
森 淳、千葉明義、山内章弘、早川敏清、佐藤文夫、平澤光郎、竹田隆雄、金子守、 阿部正、高橋達見、久留島正和、高山勝司、田口正之、池田芳昭、戸川達次、 明石玲子、石井徹、熊谷彰、中島俊彦、荻田清志、松倉静江、扇和子、板垣伸夫、 林 正、片桐忠男、木村稔、渡邉邦広、川島格、三浦由夫、宇都木光一、末吉正信 〈計31名〉

(文)末吉正信    (写真)川島格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です