180512 5月12日(土)「早慶対抗庭球試合」の観戦・応援ツアー開催

今年度、初めての「早慶対抗庭球試合」(慶大蝮谷日吉コート:男女ダブルス)の観戦・応援ツアーを開催しました。
男子3試合、女子2試合のダブルスです。因みに男子は、5セットマッチ、女子は3セットマッチです。男子は、屋外コート3面を使って、女子は室内コート2面を使っての試合です。女子は、1勝1敗、男子は、1勝2敗でした。因みに男子は、第1コートが、坂井主将(4年・清風)と田中(2年・秀明英光)のコンビで、フルセットの末、セットカウント「3-2」で勝利。第2コートは、島袋(3年・四日市工)と高村(3年・東京学館浦安)のコンビで、これもフルセットの接戦でしたが、惜しくも「2-3」で敗戦。第3コートの安上(3年・柳川)と古賀(3年・大分舞鶴)は、「1-3」で敗戦。今日のダブルスは慶應に凱歌が上がりました。
明日13日(日)は、シングルス戦です。初めてのテニス観戦でしたが、早慶学生の正に、手に汗握る試合に感動しました。

参加者3名(敬称略・順不同):永山 俊雄、原 宏、加藤 健

エール交換(慶大蝮谷日吉コート)

気合を入れる早慶女子(手前が早稲田)

第2コートでの白熱した試合(手前が早稲田)

観客席にて(左:加藤、永山さん、原さん)

インドア―での女子戦(手前が早稲田)

観客席全景(原さん、永山さん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です