2015.11.14  11月14日 (土)第182回カラオケ部会開催

第182回カラオケ部会が定例の第2土曜日の14日開催。於、クラブ・イン荻窪。22名参加。A、C室が7名、B室が8名。歌唱曲数はA、B室が7曲、C室が8曲。
[話題1]
紅葉の本格化する11月は会員の歌心も彩り鮮やかであり、歌唱曲総数は延べ151曲の百花繚乱となった。今月は会員に愛唱される人気歌手に異変をきたし、何とAKB48が7曲でトップに躍り出た。これは先月に入会された徳富健一さんがお一人でAKB48の「ロマンスかくれんぼ」「泣きながら微笑んで」などを踊りのパフォーマンスを交えて歌唱されたためで、C室の会員からはミスターAKBの称号が授与された。続いて6曲の北島三郎も意外だが、新曲派の雄・竹田隆雄さんが花咲ゆき美「海鳥哀歌」など女唄4曲が続いたため、お口直しに北島三郎のド演歌「山」「竹」「川」の三連打になった模様。森村恒夫さんも「北の大地」などお得意の元祖3連打で応えた。
[話題2]
ベスト3はトップの常連・五木ひろしの5曲。男唄の松本甫さんが「男の帰り道」「おまえとふたり」、名曲「ふりむけば日本海」は小川啓介さんがお得意の五木節で、笠原美子さんが声楽の達人としての本領を発揮されるなど4名の会員によって。同じくテレサ・テンも4名の会員がノミネート。中でも川口浩司さんは「時の流れに身をまかせ」「つぐない」を没後20年の彼女の魂に届けとばかりに熱唱された。
[話題3]
今月は外国曲を外国語で歌唱される会員が目立った。パヴァロッティばりの声量を誇る片岡泰彦さんはレイ・チャールズ「わが心のジョージア」など5曲、フォークソングの雄・栗山欣二さんがアンディ・ウィリアムス「ムーン・リバー」など4曲、シャンソンの名人・森村恒夫さんがチョン・フニ「アンゲ」など3曲を朝鮮語で披露した。新曲では志柿元啓さんが西田あい「涙割り」をしっとりとしたテイストで、松木一彌さんと竹田隆雄さんが歌唱された黒川真一朗「落ち葉舟」も注目曲である。
[話題4]
毎回、季節に合わせてテーマを設定され、入念な準備をされて例会に臨まれる牧野国義さん。今月は「星」。宇宙のチリとガスから出来ていると言ってしまえば即物的だが、ヒトは星に夢とロマンを求める。坂本九の永遠の名曲「見上げてごらん夜の星を」、“ウォン・チュー”で盛り上がる敏いとうとハッピー&ブルー「星降る街角」、締めは荒木一郎「空に星があるように」まで全8曲に及んだ。山口和夫さんは全8曲とも古賀政男メロディーに統一した選曲。藤山一郎「影を慕いて」に始まり、早稲田の第二の校歌ともいわれる村田英雄「人生劇場」、近江俊郎「湯の町エレジー」など懐しの、心の芯まで響くような見事な歌いっぷりだった。

《参加者》敬称略・室別50音順
A室:井口昌彦 尾上孝 笠原美子 川口浩司 名取義久 前坂靖弘 松本甫
B室:岩堀律子 小川啓介 栗山欣二 藤橋和浩 松木一彌 百地健 森典秋 森村恒夫
C室:片岡泰彦 志柿元啓 竹田隆雄 徳富健一 牧野国義 村上禮三 山口和夫

次回12月は定例の第2土曜日の12日、16時から20時まで。於・クラブ・イン荻窪。入会申込みは、前坂・名取まで。

[文・藤橋/写真・前坂]

RoomA

RoomB

RoomC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です