2015.06.16 6月16(火) クラシック音楽愛好会第58回例会(CD/LPコンサート)の開催

~ハンス・クナッパーツブッシュ没後50年記念~
6月の例会は、没後50年を記念してドイツや日本では「クナ」の愛称で親しまれた、ハンス・クナッパーツブッシュ(1988.03.12~1965.10.25)の演奏を聴くこととしました。193smの長身でいかつい顔のこの指揮者はワグナー、ブルックナーを得意としています。世話人・山本にとっては学生時代(昭和37年・1962年)にNHK第2放送で1週間近くにわたって放送された、バイロイト音楽祭でのワグナー作曲ニーベルングの指輪を全曲!聞いたのが思い出です。この時は卒論で遅れた設計課題をまとめるため、授業に出ないで自宅で製図版に向かって聞いたわけです。この時はクナの名前も記憶していないし、「指輪」も騒々しい音楽だなというのが印象でしたから耳ができていなかったとはいえ、実に勿体ない話でした。
この日の演奏は、①ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」から初めました。ピアノはバックハウスで1953年ベルリンフィルとのライブです。次にワグナー/「神々の黄昏」から②《夜明けとジークフリートのラインへの旅》と③《ジークフリートの葬送行進曲》。同じくワグナーで④「タンホーザー」序曲と⑤「ワルキューレの騎行」。最後は⑥ブラームス/交響曲第2番(ミュンヘンフィルライブ)で締めました。 今回の演奏はすべてLPでしたが、普通の演奏会では聞けないような個性的かつスケールの大きい演奏を大きな音で楽しむことができました。時間が足りなくてブルックナーはパスとなりました。希望者があれば、例会の番外編として10月25日ころ(命日)に、クナのブルックナーをジックリ聴く会を持ちたいと思いますがいかがでしょうか?

参加者は通常例会の最高の24人でした。 2次会はいつもの「優記」で行いました。 尚、来月は、シベリウス生誕150周年記念コンサートとします。 (LP提供:平賀、山本)

【参加者24名:敬称略・50音順】 芥川愛子、井口昌彦、池田芳昭、石田順康、小沢昭彦、加藤尚志、川口和宏、後藤武司、坂 治彦、篠嘉子、月坂奎一郎、根崎健一、根本坦、早川敏清、平賀英彦、保坂幸寛、堀口哲夫、前田研二、松本甫、矢島典明、安井久子、山本廣資、杠一義、渡辺祥子

(文責:山本廣資)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です