2016.04.19 4月19日(火) 杉並稲門会クラシック音楽愛好会第68回例会開催

~映像によるオペラ第1回:歌劇「トゥーランドット」 TURANDOT 3幕~

今年から、4月と10月の例会は年2回オペラを見る会を、石田さん、井口さん、根本さんにお願いすることとしました。ご三方が選んだ第1回目は、プッチーニの歌劇「トゥーランドット」 TURANDOT全3幕を、下記のようにメトロポリタンオペラ (1987年)のLIVE映像(若き日のドミンゴ主演!映像提供:根本さん)で楽しみました。 例会の司会・解説は石田さんにやっていただき、井口さんからはプッチーニに関する資料が配布されました。

曲 目:歌劇「トゥーランドット」 TURANDOT 3幕 作曲:G.プッチーニ G.Puccini ( 未完、F.アルファーノにより1924年に完成) 台本:L.アダミ、 G.シモーニ (伊語、 原作 C.ゴッツィ) 初演:1926年 ミラノ・スカラ座

鑑賞映像:メトロポリタンオペラ (1987年) 演出、装置:F.ゼッフェレッリ 指揮:J.レヴァイン/ メトロポリタン歌劇場管弦楽団、合唱団 トゥーランドット姫:エヴァ・マルトン(S) 皇帝アルトゥム:ユグ・キュエノー(T) ティムール(退位したダッタンの王):ポール・プリュシュカ(BS) カラフ(名を秘めたタタールの王子):プラシド・ドミンゴ(T) リュー(タタールの女奴隷):レオーナ・ミッチェル(S)  オペラの後は、第3幕のアリア「誰も寝てはならぬ」を、①3大テノール(ドミンゴ、カレーラス、パバロッティ)の分担独唱で、①ドミンゴ/カラヤンのCDで、③最後に、デル・モナコの映像で、と名唱を楽しみました。皆さんこれだけ「寝てはならぬ」を聞かされては次の日は寝不足となったことでしょう。

2次会は、いつもの「龍記」で行いました。 (映像提供:根本、CD提供:平賀)

来月5月17日(火)は、5月17日(火) マックス・レーガー没後100年記念として、モーツアルトのピアノ・ソナタK.331のピアノ原曲と、レーガー編曲オーケストラ版、その他を聴く予定です。

【参加者17名:敬称略・50音順】井口昌彦、石田順康、小澤昭彦、井林伸介、後藤武司、篠嘉子、田中マリ、月坂奎一郎、根本坦、平賀英彦、堀口哲夫、前田研二、松本輔、安井久子、矢島章、山本廣資、山本和子

(文責:山本廣資、写真撮影:平賀英彦、山本廣資)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です