2016,11.09 11月9日(水) 杉並稲門会 クラシック音楽愛好会 11月臨時例会のお知らせ

10月例会と、11月のミニコンサート(28日(月))の間隔が空いているので、 臨時例会を行うこととしました。 昼間の時間にじっくり聴く会とします。 荻田さんから以下の企画の提案がありましたので、ご連絡します。

日時: 11月9日(水) 13:30 ~ 15:30 (時間にご注意)
場所: WITH 遊
会費: 500円 (会場費のみ、ノンアルコール)
内容: 「ロザリオのソナタ」ハインリヒ・イグナツ・フランツ・フォン・ビーバー(1644~1704)作曲    バッハの約40年前にオーストリアのザルツブルクで活躍したバロック期の作曲家でヴァイオリニスト。 宮廷楽団の宮廷楽長となって活躍しました。 ミサ曲やレクイエムなどもありますが、ヴァイオリンの技巧にすぐれていて、様々なヴァイオリンソナタも作曲しました。 なかでも「ロザリオのソナタ」はもっとも有名です。 彼のヴァイオリンの作品には当時としてはかなり高度な技術を必要とするものも多く、 この「ロザリオのソナタ」もスコルダトゥーラという調弦を変えて演奏する技巧を多用しました。 「ロザリオのソナタ」は、オルガンやテオルボの伴奏による15のヴァイオリンソナタ集とヴァイオリン独奏によるパッサカリアの16曲集からなり、 イエス・キリストの生涯を「受胎告知」、「受難」、「復活」、「戴冠」までの4部に分けて淡々と進められ、 その美しさといい、純粋さといい、本当に心打たれるすばらしい音楽です。 今回はこの曲集を、美しい絵画を各場面ごとにスライドとして投影しながら聴いていただきます。
また、最近はこの曲集に挑戦する演奏家も多く、CDもいろいろとありますので、今回は3人の演奏を聞き比べていただきます。 約2時間近くかかりますが、必ず満足していただけると思います。

(責任者:荻田 清志)

山本 廣資 kankyo_setubi@mbr.nifty.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です