180220 2月20日(火) 杉並稲門会クラシック音楽愛好会第90回例会開催

~バーンスタイン生誕100年記念コンサート~

例年2月は,前の年に亡くなった音楽家の追悼コンサートであるが、適当な音源が見つからなかったので、今回は「バーンスタイン生誕100年記念コンサートとした。作曲家、指揮者、ピアニストのそれぞれの側面を楽しむことにした。始めにピアノ作品を聴いた。①SEVEN ANNIVERSARIES(1942~1943)と、②FOUR ANNIVERSARIES(1948)、それなりの出来の(失礼!)小品集である。尚、彼のソロピアノ用作品は商品ばかりでLP1枚分である。もっと作曲しておいてほしかったと思った。作曲家の側面はもう一つ、③ウエストサイド物語。演奏は勿論自身の指揮でニューヨークph0の演奏。
ピアニスト側面は④ガーシュインのラプソディー・イン・ブルーの弾き振りで楽しんだ。指揮者バーンスタインについては、たくさんのLP/CDがあるが、⑤DVD「Best of Bernstein 」のコンサート編からいろいろな有名曲のサワリを聴いた他に、レクチュアー編で、「ベートーヴェンの交響曲第5番」、「JAZZの世界」、「指揮法」、などを観た。短時間であるが特にレクチュアが良かった。全部聞きたいと思った。教育者という側面も大きいことが分かった。
尚、ベートーヴェンの交響曲第5番については、昔青少年者向きのテレヴィ番組での、≪第5番交響曲の誕生≫というレクチュアが有名である。(このレコードは持っている)この日風邪で欠席したNe氏に、この映像があるか電話したら、放送されたものをお持ちとの事。臨時例会その他で是非見たい。

(LP/CD/映像提供:山本、井口)

【参加者12名:敬称略・50音順】 井口昌彦、石田順康、神田育子、篠嘉子、定金京子、月坂奎一郎、早川敏清、平賀英彦、堀口哲夫、前田研二、安井久子、山本廣資、 (文責:山本廣資、写真:平賀英彦)

2次会はいつもの、「龍記」で行いなましたが。 次回、来年の3月20日(火)は、昨年亡くなった音楽家の特集です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です