2018.02.25 2月25日(日) 第3ブロック 第14回「天沼寄席」開催

今回で14回目を迎える「天沼寄席」は、2月25日(日)午後1時より前夜の平昌五輪カーリング 女子銅メダル!の興奮冷めやらぬ中、天沼八幡神社社務所大広間にて開催された。
今年の落研演者は、前回の女性噺家3名&男性噺家2名の構成とは打って変わり、男性噺家 4名の登壇となった。さらにはカーリング女子4名の活躍の後だけに、場内には些か拍子抜けの 感あるも、それにもめげず懸命に高座を演じ切った。
まず先鋒は、天沼寄席初登場の1年生天狗亭まくら(演目:「身投げ屋」)が懸命にその役割を 果たし、続いての白黒亭黒水(演目:「松竹梅」)も初登場の1年生であったが、場の雰囲気をよく掴んで拍手喝采の好演となった。
ここでカーリングの“もぐもぐ”タイムよろしく「お仲入り」。各テーブルに茶菓が配され暫しのご歓談の後、寄席は後半の高座へと入っていった。
後半は2年生2人の登場。まず、烏雀亭狂之助(演目:「権兵衛狸」)で場を盛り上げ、仕上げは前回に続いて天沼寄席2度目となる白黒亭波ん太(演目:「堀之内」)が登壇。
粗忽(あわて者)な主人公・熊五郎を見事に演じ切り、場内はまたも拍手喝采。
終演後は、落研生4人に感謝のご祝儀袋が渡され、4人とも金メダルを受賞したような晴れやかな表情であった。
各テーブルには、差し入れで頂戴した茶菓やビール・ワイン・お神酒の清酒などが配られ、落研生を温かく囲んでの交流会では、高座の労を参加者全員でねぎらい、会場は一段と和気藹々の雰囲気となった。
次回もまた落研生が一段と逞しく成長した姿を見せてくれるものと大いに期待しての散会となった。

【参加者34名・順不同】
明石玲子・赤松弘之・浅見源司郎・井口福彦・宇都木光一・太田忠雄・小澤昭彦・笠原美子  北川原宣夫・近藤洋子・柴田晴男・庄司玉緒・田口佐紀子・千葉明義・月坂奎一郎・名取義久  西尾江平・長谷川 将・長谷川哲夫・服部文夫・馬場一義・馬場禎子・原 宏・坂治彦・藤本源次  星 靖男・松尾 清 ・松倉 崇・松本 甫・水野健樹・山内幸雄・山形喜代志・山下やす子  古望高芳 (文・写真:古望高芳)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です