2015.11.28 11月28日(土)第86回ウォーキングの会 “浜離宮庭園からレインボーブリッジを歩く” 開催

11月28日(土) 午前9時半、雲ひとつない抜けるように青い空、冷涼な空気の中、 ウォーキングの会のメンバー32名が、ゆりかもめ新橋駅前広場に集合。 初参加の中山さん、戸川さん、島田さんの挨拶のあと、浜離宮庭園に向かいました。
庭園では11/28は、“いい、にわ” ということで、缶バッチが配られていました。 庭園内の“潮入りの池”は都内で唯一現存する、海水を引き入れた池です。 又、徳川6代将軍家宣の時に植えられた“三百年の松”の威容は、素晴らしいものでした。
浜離宮から50分ほど歩き、芝浦埠頭側入口に到着。いよいよレインボーブリッジの遊歩道を歩きます。橋の上からは、東京タワー、スカイツリーほか数多くの高層ビル群が見え、遊歩道の横を通過する車の振動で大いに揺れる足元を感じつつ、40分ほど歩いてお台場海浜公園に到着。殆んどの人が、徒歩でレインボーブリッジを渡ったのは、初めてだったのではないでしょうか。
海浜公園では、各人、散開して昼食をとりました。昼食後、記念撮影をしたあと、途中、高さ11.5mの“自由の女神像”を見ながら最終目的地の船の科学館に向かいました。 船の科学館は、改装中のため、あいにく休館中でしたが、隣りの岩壁に係留されている初代南極観測船”宗谷“を見学し、午後3時に解散としました。予定よりオーバーして歩いたようですが、皆さん、無事に完歩され、快適なウォーキングを楽しまれたことと思います。

<参加者>(順不同敬称略) 林 正、木村稔、阿部正、名取義久、佐藤文夫、久留島正和、中山廣文、山口治夫、中島俊彦、白井猛、平澤光郎、田中素之、森 淳、千葉明義、明石玲子、高橋達見 金子守、金子敦子、板垣伸夫、戸川達次、松本甫、榎本幸子、秋山一郎、秋山寿子、柿澤好治、島田文雄、櫻井孝男、早川敏清、川島格、三浦由夫、宇都木、光一、 岩堀律子   【文:岩堀律子  写真:川島格】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です