151031 10月31日(土)スポーツ観戦の会「2015秋季リーグ戦: 早慶戦・1回戦」応援ツアー・懇親会 開催

今年の六大学野球秋季リーグ戦の優勝の行方は、早稲田・慶応・明治の三つ巴となった。 早稲田は、慶応から勝ち点を挙げれば2季連続45度目の優勝。一方の慶応は2連勝 して、明治との優勝決定戦で優勝を争う。明治は慶応が2勝1敗で勝ち点を取った場合のみ優勝となる。
この大事な一番に早稲田・高橋監督は小島(1浦和学院)をマウンドに送る。 一方の慶応も目下絶好調の三宮(4慶応)を先発投手に起用した。
1回から5回まで、息詰る投手戦の様相を呈した。早稲田の小島は、好調とは言えない投球 内容であったが、打たせて取る投法で、5回まで散発1安打に抑えたのは天晴れであった。 一方の慶応・三宮も、早稲田打線に的を絞らせない緩急自在の投法で、5回まで散発2安打 に抑えた。
6回表に早稲田がチャンスを掴む。ツーアウト満塁の場面で、これまで打撃不振を託っていた 8番・川原(4掛川西)がセンター前に鮮やかな2点タイムリーを放った【W2-0K】。 これが決勝点となる。小島は完投かと思われたが、9回に捉まった。ワンアウト後、 岩見(2比叡山)にソロを浴びてマウンドを降りた【W2-1K】。小島に替わって、 吉野(3日本文理)がマウンドに・・・吉野が何とか踏ん張って早稲田が先勝した。
この時点で慶応の優勝が消えた。早稲田は明日の2回戦に勝って春秋2連覇が視野に入って来た。

【参加者38名(敬称略・順不同)】
馬場一義夫妻、加藤元昌、大田忠雄、宇都木光一、中村昌代、山形喜代志、櫻井孝男、 松倉崇、久留島正和、中山廣文、戸川達次、山口博正、森下忠宏、平澤光郎、 板垣伸夫、小川啓介、久保田貞雄、千葉明弘、松尾清、大和田良一、松本甫、 名取義久、岩堀律子、内田直彦、清水克祐、竹入啓子、小澤昭彦、見上隆志、 石井徹、原宏、西尾江平親子、本田逸朗、中島俊彦、小林節子、加藤 健、 山田實【応援部OB席】

山田名誉会長、久保田会長を囲んでの記念写真(神宮球場)

杉並稲門会応援団

杉並稲門会応援団

久保田会長の乾杯で懇親会が幕を開けた【さくら水産新宿西口店】

新会員・戸川さんのご挨拶

新会員・竹入さんのご挨拶

新会員・見上さんのご挨拶

新会員・原さんのご挨拶

懇親会での記念写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です