180429 4月29日(祝・日)スポーツ観戦の会「第66回早慶アメリカンフットボール対校戦」応援ツアー 開催

気温25度の真夏日となった今日、早稲田がここ3年間、慶應に勝っている「早慶アメフト」。今日勝って4連覇としたい早稲田は、終始、慶應を圧倒した。
第1Q【12分】は、両校が拮抗し、早稲田が終盤にFG(フィールドゴール)で3点を挙げて「W3-0K」。
第2Qは、前半5分にタッチダウン&トライフォーポイントを挙げて「W7―0K」。更に8分、FG・3点追加「W10―0K」。終盤11分、慶應が反撃してタッチダウン&トライフォーポイントを挙げて「W10対7K」。
ハーフタイムを挟んで、第3Qでは、早稲田が慶応を大きく引き離した。10分に又してもタッチダウン&トライフォーポイントで、「W7-0K」。
最終の第4Qでは、開始12秒で早稲田が慶應QBのパスをインターセプトして止めのタッチダウンを決めた。トライフォーポイントも決まって「W7-0K」。その後、8分にタッチダウン&トライフォーポイントを挙げて「W14-0K」。10分には、FG・3点を決めて「W17-0K」とした。早稲田は合計で「W37-7K」で慶応に勝利して4連覇を果たした。
尚、通算成績では、早稲田26勝、慶應39勝、1引分と、まだ早稲田が負け越している。 試合後、新会員・松崎仁紀さんの歓迎懇親会を開いて散会した。

■参加者14名(敬称略・順不同)
中村昌代、竹入啓子、大田忠雄、原宏、坂牛聡、永山俊雄、平賀英彦、元重英治、平澤光郎、 堀川晧之助、松崎仁紀、清水克祐、山本達人、加藤 健

駒沢陸上競技場正面玄関前で記念集合撮影

早稲田側の応援席に集合

清水さん(左端)が観戦に駆け付けてくれました

新会員の松崎仁紀さん(左端)の歓迎懇親会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です