2019.02.08 2月8日(金) 第220回カラオケ部会開催

第220回カラオケ部会は第2金曜日の8日、荻窪の「まねきねこ荻窪北口店」で午後2時開催。24名参加。A、B、C室は各7名。歌唱曲数は各室とも5曲(歌唱曲総数は延べ120曲)。

名曲は時代を超えて歌い継がれる。どこで聴いても、何回聞いても飽きがこない。都はるみの1976年のレコード大賞受賞曲「北の宿から」(詩・阿久悠、曲・小林亜星)もそんな一曲。川口浩司さんは独特の甘い声で女心のやるせなさを歌い上げれば、野田フジ子さんは、はるみ節並みのパンチ力を効かせて女の情念をほとばしらせる。山口和夫さんはカラオケ練達の士らしく、うなり節を上手に取り入れて歌の世界に奥行きを出すなど、三者三様。しかも同じA室での大競演。七五調の名曲は会員の誰が歌っても味わい深い。だから名曲、そして今後とも歌い継がれる(詳細版は3月の例会で席上配布)。

《参加者》敬称略・室別50音順
(A室)石村誠人、尾上孝、川口浩司、名取義久、野田フジ子、前坂靖弘、緑川正人、森村恒夫
(B室小川啓介、神田育子、久保田貞雄、志柿元啓、徳富健一、百地健、森典秋、山口和夫
(C室)笠原美子、片岡泰彦、勝島敏明、清水實、竹田隆雄、藤橋和浩、牧野国義、松本甫

※次回3月は第2金曜8日、14時から「まねきねこ荻窪北口店」。入会申込みは前坂・名取まで。

[文責/藤橋・写真・前坂]

Room A

Room B

Room C

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です