101113 11月13日(土)「第2回競馬を楽しむ会」開催

11月13日(土)秋晴れの下、東京府中競馬場で開催されました“あの噂の「競馬を楽しむ会」”に初参加しました。15年前に競馬から足を洗った?私は、久し振りに東京府中競馬場に来てビックリ!そこは、想像していた“汚い・ダサい・暗い”と言うイメージから180度も異なる場所に変身していました。
新装なった競馬場はまるでディズニーランドと見紛うばかりの豪華な施設となっており、外れ馬券が散らかって足の踏み場もなかった15年前の馬券売り場のフロアーには、外れ馬券や読み終わった新聞紙などが一切見当たらない!それもそのはず、制服を着た清掃員が何人もいて常に場内を見回って綺麗に掃除しているではありませんか!客層も親子連れ、若い女性同士、恋人同士、孫を連れた老夫婦などが競馬を楽しんでいました。
我々杉並稲門会からは下記6名の皆さんが参加されました。世話人の石松浩一郎さんが朝早くに競馬場に行って我々の席を確保して下さり、半日皆で一緒に競馬を楽しみました。お財布が多少重くなった方や、逆に軽くなってしまった方も非日常的な時間を大いに楽しみました。パドックで見る競走馬の何と美しい事!!!皆さんもどうぞお出掛けになっては如何でしょうか。

【参加者6名(敬称略・順不同)】 石松浩一郎(世話人)、井口昌彦(第4ブロック)、小野田照子(第2ブロック)、石村誠人(第2ブロック)、板垣伸夫(世田谷)、加藤健(第6ブロック) 【文・写真 加藤 健】

東京競馬場メインスタンド(左:石村さん、板垣さん、小野田さん、石松さん、井口さん)

パドック前

人がいきなり的中(当たり馬券を掲げて)

さて、どの馬に決めるかな?真剣に検討中の皆さん

パドックで品定め

ゴール前の激しい競り合い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です