171125 11月25日 (土)第19回「料理を楽しむ会」 開催

年3回の割合で開催している「料理を楽しむ会」は、今回から趣向を変え、杉並区在住の外国人から「お国料理」を習うことになり、11月25日、高井戸区民センターで開催した。
杉並交流協会推薦による第1回目の講師はスリランカ人のプラバート・サミンダラ・ウィーラワルダナさん。
東大大学院で電子工学を専攻した35歳の独身男性。参加した20名の会員に対し、まずは美しいスリランカについての紹介と観光のお薦めがあり、続いてレンズ豆カレーとチキンカレー、ナスと小魚・玉ねぎ・トマトの不思議なサラダのような付け合わせを料理した。スリランカ料理で重要なのはスパイスとココナッツミルクとライス。スパイスの多くはプラバートさんが大久保の店で購入してくれ、バースマテイ―というインド米は普通の米屋にはなくネットで購入した(日本米よりかなり高価で2キロで2200円)。細長いいわゆる外米だが香りがよく、「外米がまずいと言うのは炊くときの水が少ないせい」とのこと。スパイスの種類の多さや入れるタイミングが難しく、一回だけでは覚えるところまではいかなかったが、辛さを抑えたチキンとレンズ豆のカレーはサラリとしていてコクがあり、インド米にとても良くあった。スパイスのクセや辛さを心配したがしつこさはな、全員が完食、おいしかったと評判であった。また揚げた小魚とナスの食感がカレーの付け合わせとしてよく合い、新しい味覚発見であった。 次回はどこの国の料理になるのだろうーー楽しみです。 田口佐紀子記

参加者名 勝島敏明、梅津弘章、石村誠人、林 義徳、竹田隆雄、中山絵里香、田村純利、田村初枝、内田直彦、中村正代、大竹孝平、長谷川哲夫,坂 治彦、松尾 清 萩原和之、西郷洋平、長谷川将、加藤尚志、田鹿裕美、田口佐紀子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です