181208 12月8日(土) 第6ブロック 年末懇親会開催

2018年の世相を1字で表す「今年の漢字」(日本漢字能力検定協会)は「災」だが、紀平梨花さんや藤井聡太君などフレッシュな16歳が日本の前途を明るくしてくれる。 紀平さんがカナダ・バンクーバーで世界一に輝いた12月8日(土)夜6時、第6ブロックの年末懇親会がダイニングバー「クルーズ吉祥寺」で開宴した。
久留島正和世話人代表は「忘年」という概念が好みでないようで「年末懇親会」とおっしゃる。川島格さんが集合写真に苦労された小さな店だから、借切りで皆さんにマイクを廻し甲論乙駁して頂く構想だったのが、ゲストの久保田貞雄会長と中村昌代さん(1B)を加えて出席17名ではお店に申し訳ない…と貸切を解いたので、マイクなしの論談は聴覚劣化のこの耳には鮮やかに届かない。 新しい年号、スポーツ界の明暗、日産・ルノー、北方領土…何が話題か解らないが、ワイワイガヤガヤの2時間は瞬く間に過ぎ、杉並稲門会の高齢者たちは至って健やかだと気分が好い。 来2019年の漢字は「幸」とか「福」でありたい。

【参加者17名(敬称略・地区順)久保田貞雄、中村昌代、栗原健、松崎仁紀、竹内元義、野村修、清水克祐、山中治樹、山中正子、田中重、荻野慶人、久留島正和、下川典子、加藤健、川島格、迫田泰尚、影井恭子】

(荻野慶人・写真/川島格)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です