150605 6月5日(金)第4ブロック「一金会」第24回開催

6月5日(金) 19名の参加を得て、前回同様阿佐谷北の中華料理店「ビストロ シノワ陽(ひなた)」を借り切って17時から開催した。今回は、4/1より世話人になった平田久・律子が幹事として進行役を務め、平田久(女子栄養大学名誉教授)が、「日本の高等教育Now―行政と現場の断面」と題して話題提供をした。その後飲食を取りながらの歓談となったが、大学現場状況の説明に対し、実体を初めて知った驚きの声や自らの教員時代の生々しい経験談等、活発な意見交換が行われ、意義深い時間を過ごし19時に閉会した。
なお、配布資料は天野郁夫氏論文※を主軸に教育現場で生起する事項を説明した「基本資料 高等教育関係基本項目」及び「18歳人口・大学数・高等教育就学率の各推移図」、「世界大学ランキング」(ARWU)、「大学改革実行プラン」(文科省)抜粋他である。 ※「特集 グローバル化時代 大学の国際競争力 グローバル化と日本の大学改革―国際競争力強化への課題」    Nippon com http://www.nippon.com/ja/in-depth/a02801/

参加者(順不同・敬称略)小豆澤照男、井口昌彦、祝裕太郎、佐治信雄、真田正、関博人、前坂靖弘、百地健、山口治夫、大田忠雄、柄谷隆宏、小林紀雄、田村純利、中川修一、服部文夫、前田研二、水野健樹、平田律子、平田久(文責)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です