161009 10月6日(木) 秋の第4ブロック社会見学ツアー開催

第15回社会見学ツアーのテーマは“真田氏ゆかりの上田城と小諸・懐古園”。台風18号の直撃が懸念されたが、澄み切った秋晴れに恵まれ44名の参加で開催された。
7時半に阿佐ヶ谷駅前を出発したバスは上田を目指すが、何せ3時間の長時間移動。ただ、この時間を利用して杉並郷土史会会長の新村康敏さん(1B)から真田氏に関する歴史講義をたっぷり聴けたのは、参加者にとって大変ラッキーだった。
上田城址に到着し、現地ボランティアガイドによる説明を受ける。真田氏を恐れた徳川により徹底的に破壊されたので櫓しか残っていないが、解説を聞いて当時の面影を想像する。次に今回の目玉「真田丸・大河ドラマ館」。ドラマで使用した衣装や小道具も交えた展示は迫力があり、一見の価値があった。最後に歴代の上田城主の文献や武具・甲冑がある「上田市立博物館」を見学し、上田を後にした。小諸に向かう間は、ツアー世話人の百地健さんより、祖先の百地三太夫と真田十勇士などの楽しい話があり車中が和む。
お楽しみの昼食は古民家を改築した「はりこし亭」。長野県ご出身の久保田会長の発声で乾杯した後で地元料理を味わう。さすがに早稲田だけあり地酒を追加注文される方が多かった。
最後の訪問地は「小諸・懐古園」。ここも現地ボランティアガイドと見学した。上田城と同じく本丸はなく城門しか残っていないが、名園だけあり楽しく散策する。特に島崎藤村の「小諸なる古城のほとり・・・」の歌碑とその前に広がる千曲川の絶景はロマンであった。帰路は恒例のドリンキングタイム。車内での会話も弾み、無事に阿佐谷に到着した。今回は見学だけでなく、新村さんや現地ガイドの話を十分に聞けたので、参加者の皆様はかなりの真田通になられたツアーであった。

【参加者44名】
1B:明石玲子、神田育子、久保田貞雄、新村康敏、森 淳
2B:青島衛、生田明彦、石垣貴千代、千葉明義、早川敏清、松本甫
3B:宇田川茂之、宇都木光一、庄司玉緒、長谷川哲夫、馬場一義、馬場禎子、林直矩
4B:小豆澤輝男、井口昌彦、祝裕太郎、牛山洋一、大田忠雄、小原理一郎、柄谷隆宏、栗原正彦、栗山欣三、篠嘉子、島田文雄、竹入啓子、田村純利、中島峰広、永山俊雄、西野正浩、服部文夫、平田久、前田研二、宮部敏明、百地健、森村恒夫
5B:板垣伸夫、大友和男
7B:川口浩司、佐藤英男

※敬称略、ブロック別、50音順[文:柄谷隆宏 写真:西野正浩]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です