180112 1月12日(金)第4ブロック第41回一金会開催

新年1月12日(金) 第41回一金会が「akai tomato」で開催された。当会場も5回目の開催で定着しつつある。
今回の話題提供は、フラメンコギター合奏団演奏者兼団長として国内・海外(スペイン)で活動されている辻本全志(タケシ)氏(1965・政経卒・阿佐ヶ谷南3丁目在住)で、「誰も知らない戦中・戦後の沖縄の歴史」と題し、戦中・戦後の沖縄の教育、嘉手納基地の建設と反対闘争・沖縄経済への影響、沖縄ゆかりの政治家等多岐にわたり裏話やエピソードを交え大変わかり易くお話しいただき、予定の1時間を越す熱演であった。また質疑応答でも活発なやりとりが成され盛会のうちに終了した。
今回時間の都合で触れられなかった「沖縄稲門会」との交流、沖縄に縁のあった政治家や経済人の話し等機会があれば聞きたい内容であり,沖縄を知るうえで新たな視点が得られた貴重で有意義な話しが聞けた一金会であった。

【参加者25名】明石玲子(1B)、井口昌彦、祝裕太郎、牛山洋一、大田忠雄、小原理一郎、柄谷隆宏、 栗原正彦、小林紀雄、佐治恵子、定金京子、佐竹 孝、篠 嘉子、島田文雄、田村純利、辻本全志、中村正代、西野正浩、服部文夫、前田研二、水野健樹、百地 健、安本匡剛、山内章弘、山口和夫(50音順、敬称略) [写真:西野正浩、文責:大田忠雄]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です