2016.06.04 6月4日(土)「芝田山部屋見学会」 開催

第1B企画の見学会を開催した。
区内で唯一つになってしまった相撲部屋、第62代横綱 大乃國(現・芝田山親方)を訪問した。 現在、幕下力士が部屋頭であり(次場所で十両成りの予定)、余り見慣れない面々であるが、 写真の様に間近で見る稽古風景は、その迫力に圧倒される。 激しい当たりで真っ赤になる顔や胸、立会いの音などTVで見るのとは次元が違う。 稽古の後は、力士のサーブに依る食事会となった。 メンバーの中では親方がひと際デカイのであるが、 NHK-TVでの解説以上にスムーズな口調で「立合い」について語ってくれた。 禁止されている、いわゆる「チョン立ち」とは…に始まり、 「胸を合わせて前へ!」の実技まで、皆さん真剣に聴いていた様子が印象に残った。 まわし姿で飲物や食事を手元に運んでくれるので、 早稲女にはたまらない演出?のようであった。 初夏のメニューゆえかコッテリ感が無く、実に旨かった。 牛・豚肉は使わず(手・前足に土がつくのを嫌うゲン担ぎ)、 鶏肉料理が多彩であった。 スイーツ親方としても有名であるが、酒が一滴もダメな所も確認した。 親方の定年まであと約10年間、高井戸で頑張るとの事であった。 締めの集合写真の後、和気藹々の体で解散した。

【参加者24名】 久保田 貞雄、若菜 茂、榎本 幸子、谷口 典孝、赤松 弘之、山崎 武正、 明石 玲子、渡辺 祥子、森 淳、神田 育子、田中 日出男、板垣 伸夫、 前田 研二、秋山 一郎・寿子、村木 仁司・省子、久留島 正和、伊藤 年一、 末吉 正信、平澤 光郎、戸川 達次、加藤 尚志・あゆみ(敬称略)

【文・写真:加藤尚志】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です