2013.05.25 5月25日(土) 平成25年度 杉並稲門会 総会・懇親会開催

平成25年度の杉並稲門会定期総会は、5月25日(土)15時から新東京会館にて開催された。参加者は、来賓6名を含め160人という、会場満杯の盛況であった。会は石松浩一郎事務局長の司会で開始され、まず昨年亡くなられた会員へ黙とうがささげられ、続いて今期で退任する山田實会長の挨拶があり、議事へと進行した。
山下早苗副幹事長から24年度の活動報告と収支決算報告が行われ、林義徳監事の監査報告のあと、全員の承認を得た。
加藤健幹事長から25年度の活動計画案と予算案が提示され、全員の承認を得た。 今年は2年に一度の役員改選の年に当たるため、新役員人事が加藤幹事長から提示され、全員の承認を得た。 新任役員は以下のとおりである。

会長 久保田貞雄(1963法) ※以下19は省略
副会長・前坂靖弘(65文)・名取義久(59政)・長谷川将(63商)
幹事長・加藤 健(64商)
副幹事長・加藤尚志(77理)・山下早苗(78理)
事務局長・石松浩一郎(82教)
幹事・笠原美子(54文)・厚東健彦(58理)・秋山一郎(60政)・内田直彦(60商)・竹田隆雄(61商)・小澤昭彦(61商)・松尾 清(63法)・野村 修(64商) ・大友和男(64商)・田口佐紀子(65文)・尾崎政雄(65法)・藤本源次(65理)・安本匡剛(67理)・田村純利(68法)・佐治恵子(68文)・祝裕太郎(69教) ・萩原和之(69政)・若菜 茂(73法)・高橋達見(75理)・中谷 聡(85文)・柴田亜矢子(91教)・野原一彦(92商)・嗣永典子(92社)・前坂健二郎(93教)・鈴木 徹(99理)・清水一平(2007理)
監事・菊池重夫(57商)・林義徳(60政)
名誉会長・山田 實(60文)
相談役・根本邦芳(56法)・岡田徳太郎(48商)
顧問・山口治夫(55法)・清水雅明(63商)

本年度から新たに設けられた「杉並稲門会ファミリー会員制度」について、加藤幹事長から報告があった。来賓の早稲田大学理事・田中愛治様から挨拶を賜り、大学が現在グローバライゼーションに力を入れている主旨のお話しがあった。前坂健二郎幹事、近藤由紀子会員から本年10月20日の稲門際について、加藤尚志副幹事長から奨学金記念福引商品販売についてのお知らせがあり、以上で総会は滞りなく終了した。 16時からは同じ会場で立食の懇親会を開催。野原、柴田の若い両幹事の司会で、まず久保田新会長が新任の挨拶を行った。続く来賓紹介では、早稲田大学エクステンションセンター事務長の野原佳名子様から、来年中野にオープンする大学の国際学生寮WISHは、一階に新たにエクステンションセンターを設けるので、ふるって再度学習にいらしてください、とのお話しがあり、中野稲門会の高田宜美副会長からはエールのご挨拶をいただいた。 杉稲会最長老の山科恒男氏(47政)の乾杯の音頭でにぎやかに歓談が始まり、昨年の5月以降に入会した新入会員5人が壇上で一言ずつ挨拶した。
秋山允恒(62理 上荻)、坂井信行(67法 和泉)、近藤由紀子(72文 上荻)、松本沙織(2002教 高円寺南)、佐野裕幸(06政 清水)の諸会員である。
最後に恒例の校歌斉唱を応援部OBの清水一平幹事の音頭で高らかに歌い、『日本ガンバレ』とエールを送った。名取副会長の中締め挨拶をもって、18時近くに閉会した。

【田口 佐紀子、写真/写真部】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です