2016.11.25 11月25日(金)「国際ジャーナリスト千野境子氏講演会」 開催

千野境子氏(国際ジャーナリスト)を講師に、母校中野国際コミュニティプラザ1階会議室にて講演会を開催。会員71名、同伴者8名、近隣稲門会16名、計95名の参加。
午後1時半、萩原企画委員長より開会挨拶。続いて久保田会長の挨拶。田口委員から旧知ならではの講師紹介があり、いよいよ<アジアを土俵に考える―日本の来し方・行く末>と題する講演が、基本的には配布レジュメをもとに始まった。かの米国大統領選挙結果に所謂「戦後レジーム」の終焉を感じたという氏。産経新聞社時代の米国留学やNY支局長経験から今後の展望を論じて下さる。韓国や比国の将来像、露文卒(‘67年)に因み露国との関係性へも言及された。メディアの見識へ苦言も呈され、国際関係ではおもてなしの前にお付き合い法をこそ重視すべきと強調された。
質疑応答後、萩原委員長の閉会挨拶。実に時宜を得た内容の充実した2時間であった。

【嗣永 典子、写真/前坂 靖弘】

受付

千野境子氏を囲んで

田口さんによる講師紹介

千野境子氏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です