杉並稲門会



活動紹介活動記録今後の予定掲示板リンク

 HOME > 活動記録 > 総会・懇親会

総会・懇親会

2017.05.20 5月20日(土) 平成29年度 杉並稲門会総会・懇親会開催

5月20日(土)午後3時より、ご来賓を含む146名の出席の下、阿佐ヶ谷・新東京會舘にて開催。
石松事務局長の司会で、昨年亡くなられた会員への黙祷が捧げられ、久保田会長の開会挨拶で始まる。「昨年、中野の会場で総会を開催しましたが経費と遠方による不便さがあって、また、新東京會舘に戻って来ました。会員約680名の杉並稲門会は今年で18年目を迎えます。また、来年は新会員増強運動があります。皆さんのお力を是非お借りしたい」との話しがあり議事に入る。
平成28年度活動・収支決算報告・会計監査報告、平成29年度活動・収支予算案、役員交代人事案の説明・審議があり承認。ご来賓の早稲田大学島田陽一副総長からご挨拶を頂く。稲門際での福引券付き商品販売のお知らせと現役学生から早稲田祭への寄付依頼があって総会を終了。
続いて西原春夫第12代総長の講演会があってから懇親会となる。
板垣幹事(08文)・嗣永幹事(92社学)の司会により長谷川副会長の挨拶で開会。ご来賓の早稲田大学校友会事務局長・梅原竜司様からご挨拶を頂く。石川清次会員(48理工)の乾杯でスタート。新会員6名【椛嶋裕之(86法)、加藤拓(93理工)、岸可奈子(14文化構想)、佐々木美和(11文)、澁谷瑠璃(10文)、浅沼肇(65商)の各氏】の紹介、校歌斉唱後、前坂副会長の閉会の辞でお開きとなる。  

●ご来賓:早稲田大学 島田陽一副総長、早稲田大学校友会事務局長/総長室校友課長 梅原竜司様、世田谷稲門会・横田吉明会長、世田谷稲門会・林馨事務局長、中野稲門会・ 高田宜美会長、武蔵野稲門会・諸江昭雄会長、杉並三田会・服部泰代表世話人  

【加藤 健、写真/西野 正浩、前坂 靖弘、レイアウト/前坂 靖弘】

2016.05.21  5月21日(土)平成28年度杉並稲門会総会・懇親会開催

5月21日(土)午後3時より、ご来賓を含む144名の出席の下、中野区「コングレスクエア中野」にて開催。石松事務局長の司会で、昨年亡くなられた会員への黙祷が捧げられ、久保田会長の開会の挨拶で総会が始まる。「今回はこれまでの阿佐ヶ谷・新東京會舘の会場が手狭となったため、中野区の会場で総会を開催します。杉並稲門会は、明るく、楽しく、元気よくをモットーにこれからも運営して参ります。また若手の支援も継続的に行います」との話しがあり議事に入る。平成27年度活動・収支決算報告・会計監査報告、平成28年度活動・収支予算案、役員変更人事案の説明・審議があり承認された。ご来賓の早大地域コーディネーター・宮下一典氏からご挨拶を頂く。加藤尚志副幹事長から稲門際での福引券付き商品販売のお知らせ、第4ブロック・百地健会員から「日本自由画壇」理事長・橋本旬平会員の展覧会のお知らせ、第3ブロック・月坂奎一郎会員からご自分の書いた本(無料配布)の紹介、柴田幹事から「第1回早大杉☆きゃんアカデミー開催」のお知らせ等があって総会を終了。懇親会は板垣幹事(08文)・嗣永幹事(92社学)の司会により長谷川副会長の挨拶で開会。ご来賓の武蔵野稲門会・諸江昭雄会長のご挨拶を頂く。笠原美子会員(54文)の乾杯で和気藹々とスタート。新会員5名【飯塚滋(72政経)、森秀教(70政経)、福島泰彦(60理工)、高津たみえ(66文)、松村真一(81政経)各氏】の紹介があり、続く「ブロック対抗クイズ大会」で盛り上がる。締めは清水幹事の指揮の下、校歌斉唱。前坂副会長の閉会の辞でお開きとなる。  

○ご来賓:早稲田大学 宮下一典地域コーディネーター、 世田谷稲門会 横田吉明会長、武蔵野稲門会 諸江昭雄会長、杉並三田会 服部泰代表世話人

 【加藤 健、写真/前坂 靖弘  レイアウト/伊藤佳子 】

 

2015.05.23 5月23日(土)平成27年度杉並稲門会総会・懇親会開催                       

5月23日(土)午後3時、平成27年度杉並稲門会定期総会を杉並稲門会会員156名、 並びにご来賓6名の皆様がご出席の下、阿佐ヶ谷・新東京会館にて開催しました。
総会の議事進行役の石松浩一郎事務局長が、先ず昨年度の物故者10名への黙祷をお願いして から議事に入りました。
久保田貞雄会長のご挨拶では、「昨年度は創立15周年記念祝賀 パーティーが成功裡に終えたことと、3年に一度の会員増強キャンペーンで119名の新しい 仲間が増えたことは、関係各位のご努力の賜物であります(現在721名の会員数となっている)」 との謝辞がありました。また、「年に一度の総会ですので皆様の忌憚のないご意見を頂きまして、 今後の杉並稲門会の運営に反映させて行きたい」とのご挨拶があり、第1号議案―平成26年度活動報告・ 平成26年度収支決算報告【山下早苗副幹事長】、平成26年度会計監査報告【菊池重夫監事】、 第2号議案―平成27年度活動案・平成27年度予算案【加藤健幹事長】、第3号議案― 役員人事【加藤健幹事長】の承認決議を経て議事が終了しました。
尚、総会で頂きましたご意見に関しては、その場でお答えし、今後の杉並稲門会の運営に反映させて行くことを 約しました。ご来賓の早稲田大学理事・花尾能成様のご挨拶があり、お知らせコーナーでは、加藤尚志副幹事長 から稲門祭での福引券付き商品販売の紹介、また、新規趣味の部会・美術クラブ「碧の会」のご案内が 大森雅俊代表からありました。
引き続き懇親会に移り、鈴木徹幹事と嗣永典子幹事の司会で始まりました。
長谷川将副会長のご挨拶あり、 ご来賓の早稲田大学地域コーディネーター・小鮒智紀様、中野稲門会・横沢国夫会長のご挨拶が夫々あってから 乾杯となりました。乾杯のご発声は、最長老の山科恒男様(1947年政経)です。懇親会は和気藹々の歓談で進行、 途中で新会員の紹介があって、最後に清水一平幹事(応援部OB)の指揮の下、校歌斉唱を全員で声高らかに 謳って中締めとなりました。
中締めのご挨拶は、前坂靖弘副会長です。「最後は一本締めで行きますので、 皆々様お手を拝借!」とのご発声があって総会は無事終了となりました。  

ご来賓 
早稲田大学 理事 花尾能成様  
早稲田大学 地域コーディネーター 小鮒智紀様      
世田谷稲門会 会長    横田吉明様      
中野稲門会  会長    横沢国夫様      
武蔵野稲門会 会長     諸江昭雄様      
杉並三田会 副代表世話人 小田切宏通様

【加藤健、写真/写真部会・高橋達見】

2014.11.22 11月22日(土)杉並稲門会創立15周年記念祝賀パーティ開催 

平成26年11月22日(土)。ことし最後となる三連休の初日、東京地方の朝は穏やかに明けた。まるで「杉並稲門会創立15周年記念祝賀パーティー」の大盛会を予告するかのように・・・。  
会場は、おなじみ「大隈庭園」に隣接する「リーガロイヤルホテル東京」ロイヤルホール。幹事ならびに各ブロック世話人の方々による当日準備もあらかた終わった頃合いを見計らい、受付を開始。今日のパーティーを楽しみにしておられた会員の方々が三々五々ご参集、そこかしこでご挨拶の輪が広がって行く。近隣をはじめとした他稲門会の皆様やご来賓の方々も続々とご参集、口々に言祝いでくださった。  
310名という大参加者で32卓のテーブルがほぼ埋まったころ、本日の司会者である稲垣文子さん(5B)が、「第一部 祝賀会・講演会」の開会を高らかに宣言。続く久保田貞雄会長の挨拶において、23区支部から実に19もの稲門会に加え三多摩支部や埼玉県支部からも沢山のお仲間がお祝いに駆け付けてくださったこと、また永遠の好敵手$剳タ三田会の方々も多数ご出席くださったことへの謝意が述べられ、「今後も、元気で楽しく明るい杉並稲門会をモットーにして行きましょう」と宣揚された。  
ここでサプライズが!  ご公務の途上たまたま通り掛かられた鎌田薫早稲田大学総長が飛び入り≠ナ登壇され、「杉並稲門会」の発展をお祝いしてくださったのである。直ぐに総長は会場を後にされたが、列席者一同、まことに感激のひとときであった。  
ご来賓(早稲田大学理事・校友会代表幹事/福田秋秀様、前校友連携担当部長/後藤由美子様、教務部招聘研究員/三木佑二郎様)紹介の後、いよいよ映画監督・篠田正浩様のご講演である。戦後間もないころの社会情勢を反映した学生生活のなか、早稲田大学競争部へ入部した氏。あの箱根駅伝で2区を走るに至った経緯や当時の中村清監督とのやりとり等、興味尽きせぬお話を軽妙に展開してくださった。中村監督ならではの新人選手起用法%N学が、後の映画監督人生においてとても役立ったことや、かの寺山修司氏との衝撃的な出会いにも言及され、「ワセダは素晴らしい!」と締めくくられた。  
10分間の休憩をはさみ、「第二部 祝賀宴会」へ。各テーブルには、島根県の蔵元・竹下本店(故・竹下登元首相のご実家)の清酒「都の西北」が置かれ、華を添えている。   山田實名誉会長による挨拶においては、ご来賓をはじめ各稲門会の皆様や杉並稲門会々員ならびに幹事・各ブロック世話人方への謝意が述べられた。  
続いてご来賓を代表して福田秋秀様のご挨拶。校友会の現状についてお話しされ、「杉並稲門会」の今後ますますの躍進を期すると結ばれた。  
乾杯の発声は、根本郁芳相談役。二百数十名で発足した「杉並稲門会」が、この15年間で600名になんなんとする現状に感無量であること、他稲門会から多くの皆様がご列席くださったことを謝し、乾杯!  一同声高らかに唱和し、懇談タイムへ入った。  
最初のアトラクションは「TOMAPO」による歌と演奏。「平均年齢58歳の究極の親父バンド」との紹介文にもある通り、渋みのある雰囲気と懐かしい感のある選曲で場を楽しませてくださった。因みにアンコール曲は「スキヤキ・ソング」。  
続いてのアトラクションはフラメンコ集団「VAMOS」によるダンス。紹介文によれば「今、早稲田でいちばん情熱的な学生サークル」とのこと。現役学生ならではの若さ迸るダンスと躍動的なリズムとで、会場を大いに魅了した。  
宴たけなわのなか、校歌斉唱とエールに移る。リードはいつもの清水一平氏(1B)。エールでは、杉並三田会の深堀博義代表世話人にご登壇のうえ一言ご挨拶をいただいてから改めて慶應≠ヨのエールをお送りするといった粋な一幕もあり、時あたかも伝統の一戦である大学ラグビー早慶戦(しかも、ことしは100年の記念試合という大きな節目)の前日ということともあわせ、印象深いものであった(因みに翌日の早慶戦は引き分け)。  
最後に名取義久副会長より御礼の挨拶を申し上げ、司会の閉会宣言を以て、「杉並稲門会創立15周年記念祝賀パーティー」は恙無く大団円を迎えた。   東京都23区支部稲門会の実に23番目として、平成11年11月11日に産声を上げた「杉並稲門会」。先輩方が築いて来てくださった礎へ思いを馳せ、それを着実に引き継いで行くことなど改めて考えてみたことであった。

(嗣永典子)

2014.05.24 5月24日(土)平成26年度杉並稲門会総会・懇親会開催                          

平成26年5月24日(土)午後3時より、ご来賓を含む144名の参加者を得て阿佐ヶ谷・新東京会館にて開催された。
石松事務局長の司会で始まり、まず昨年亡くなられた会員への黙祷が捧げられ、続いて久保田貞雄会長の開会のご挨拶があった。議事の進行役である久保田会長から「議事に先立ち、平成24年度決算の修正を石松事務局長から報告させます。本件は昨年度総会で承認を得ている事案ですので、今後このような修正が起きないよう細心の注意を払って参ります」との発言があり、石松事務局長からの報告が承認された。
議事進行のもと、第1号議案は、山下早苗副幹事長より平成25年度活動・収支決算報告、林義徳監事から会計監査報告、第2号議案は、加藤健幹事長から平成26年度活動・収支予算案の説明があり、いずれも承認された。尚、質疑応答の中で頂いた貴重なご意見に関しては、役員会にて討議する旨のご発言が会長からあった。第3号議案は、役員人事1名変更案で、加藤健幹事長から「秋山一郎幹事が一身上の都合にて任期半ばで退任を表明され、後任に尾上孝氏(70商)が就任されますのでご審議願います」との説明があり承認された。引き続き田口佐紀子企画委員長から、来る11月22日(土)開催の杉並稲門会創立15周年記念祝賀パーティーの企画に関する報告があった。
ご来賓の深澤良彰早稲田大学理事からご挨拶があり、ソチオリンピックにてフィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生選手は早稲田大学人間科学部通信課程で学んでいる学生である旨のお話し、また早稲田大学創立150周年に向けた中長期計画が進んでいるとのお話しがあった。最後に、加藤尚志副幹事長から奨学金記念福引商品販売に関するお知らせがあって総会を終了。
第二部・懇親会は、野原一彦(92商)、柴田亜矢子(91教育)両名の司会により名取義久副会長の挨拶で開会。ご来賓の早稲田大学地域コーディネーター(文化推進部担当課長)宮下一典様のご挨拶並びに中野稲門会横沢國夫会長からのご挨拶を頂いたのち、杉稲会最長老の山科恒男氏(47政経)の乾杯で和気あいあいとスタートした。会も盛り上がったところで、昨年5月以降に入会された新会員6名(下記)が壇上に上がり一言ずつ挨拶があった。 池浦彗(07法 井草)、佐々木秀幸(55教育 今川)、小林幸司(97理工 荻窪)、 佐治信雄(72商 成田東)、林大介(97人科 久我山)、柴田祥彦(72大学院理工 大宮)の6氏である。 締めくくりは応援部OB・清水一平幹事の音頭で「都の西北」を斉唱、『ガンバレ日本!』とエールを送り、長谷川将副会長の閉会の辞でお開きとなる。

○ご来賓:深澤良彰早稲田大学理事、宮下一典早稲田大学地域コーディネーター、世田谷稲門会 岩上健一会長・横田吉明副会長、中野稲門会 横沢國夫会長・高田宜美副会長、杉並三田会 深堀博義代表世話人        

【加藤 健、写真/写真部】

2013.11.02 11月2日(土) 「杉並稲門会 秋季地域世話人会」開催

11月2日(土)午後4時45分、キャピタルモーターズ(株)3F会議室にて「秋季地域世話人会」を開催した。
今年5月の総会にて新体制(久保田貞雄新会長)となって、初めての地域世話人会である。地域世話人会は春秋2回開催されており、杉並稲門会の役員会【毎月第1土曜日開催】で決めている各種事業活動の実行並びに組織を動かすためには、各ブロック世話人のご協力なくしては成り立たない。杉並稲門会会員600余名の皆様が様々な活動に参加して頂く為には、各ブロック世話人の活動が不可欠である。 今年度は、各ブロック世話人の増員(新世話人25名)により、世話人総数は実に71名となった。本日はその内51名の世話人の方々にご参加頂いた。来年度は杉並稲門会創立15周年の節目にあたり、記念事業が計画されている。また、3年に一度の会員増強運動の年度でもある。 久保田貞雄会長のご挨拶、加藤健幹事長の司会で行われた。

議題
@杉並稲門会創立15周年記念事業の概要 
A平成26年度会員増強運動について 
B新地域世話人のご紹介
C各ブロック活動状況報告 
Dその他 E質疑応答 に沿って議事進行した。

議題:@では、久保田貞雄会長・田口佐紀子企画委員長より、「会員の親睦を目的とした15周年記念事業とする。平成26年11月22日(土)12:00〜 リーガロイヤルホテルにての開催で、第1部は祝賀会と講演会(篠田正浩氏)、第2部は懇親会+アトラクシヨンを企画している」旨の報告があり、詳細に関しては今後逐次、お知らせをすることとなった。
議題:Aでは、名取義久副会長より、来年9月から実施する旨の説明があった。
議題:Bでは、各ブロック代表世話人から新世話人のご紹介が披歴された。同時に各ブロックの活動状況の報告もあった。
議題:Dでは、石松浩一郎事務局長から「3年に一度の杉並稲門会会員名簿を発行する(12月発行の会報に同封)」との報告があった。
質疑応答の後、席を荻窪駅南口に在る「ナタラジ」(インド料理)に移して懇親会を開催、午後8時に解散となった。  

【加藤 健、写真/前坂靖弘】

2013.05.25 5月25日(土) 平成25年度 杉並稲門会 総会・懇親会開催

平成25年度の杉並稲門会定期総会は、5月25日(土)15時から新東京会館にて開催された。参加者は、来賓6名を含め160人という、会場満杯の盛況であった。会は石松浩一郎事務局長の司会で開始され、まず昨年亡くなられた会員へ黙とうがささげられ、続いて今期で退任する山田實会長の挨拶があり、議事へと進行した。  
山下早苗副幹事長から24年度の活動報告と収支決算報告が行われ、林義徳監事の監査報告のあと、全員の承認を得た。  
加藤健幹事長から25年度の活動計画案と予算案が提示され、全員の承認を得た。 今年は2年に一度の役員改選の年に当たるため、新役員人事が加藤幹事長から提示され、全員の承認を得た。 新任役員は以下のとおりである。

会長 久保田貞雄(1963法) ※以下19は省略
副会長・前坂靖弘(65文)・名取義久(59政)・長谷川将(63商)
幹事長・加藤 健(64商)
副幹事長・加藤尚志(77理)・山下早苗(78理)
事務局長・石松浩一郎(82教)
幹事・笠原美子(54文)・厚東健彦(58理)・秋山一郎(60政)・内田直彦(60商)・竹田隆雄(61商)・小澤昭彦(61商)・松尾 清(63法)・野村 修(64商) ・大友和男(64商)・田口佐紀子(65文)・尾崎政雄(65法)・藤本源次(65理)・安本匡剛(67理)・田村純利(68法)・佐治恵子(68文)・祝裕太郎(69教) ・萩原和之(69政)・若菜 茂(73法)・高橋達見(75理)・中谷 聡(85文)・柴田亜矢子(91教)・野原一彦(92商)・嗣永典子(92社)・前坂健二郎(93教)・鈴木 徹(99理)・清水一平(2007理)
監事・菊池重夫(57商)・林義徳(60政)
名誉会長・山田 實(60文)
相談役・根本邦芳(56法)・岡田徳太郎(48商) 
顧問・山口治夫(55法)・清水雅明(63商)  

本年度から新たに設けられた「杉並稲門会ファミリー会員制度」について、加藤幹事長から報告があった。来賓の早稲田大学理事・田中愛治様から挨拶を賜り、大学が現在グローバライゼーションに力を入れている主旨のお話しがあった。前坂健二郎幹事、近藤由紀子会員から本年10月20日の稲門際について、加藤尚志副幹事長から奨学金記念福引商品販売についてのお知らせがあり、以上で総会は滞りなく終了した。   16時からは同じ会場で立食の懇親会を開催。野原、柴田の若い両幹事の司会で、まず久保田新会長が新任の挨拶を行った。続く来賓紹介では、早稲田大学エクステンションセンター事務長の野原佳名子様から、来年中野にオープンする大学の国際学生寮WISHは、一階に新たにエクステンションセンターを設けるので、ふるって再度学習にいらしてください、とのお話しがあり、中野稲門会の高田宜美副会長からはエールのご挨拶をいただいた。 杉稲会最長老の山科恒男氏(47政)の乾杯の音頭でにぎやかに歓談が始まり、昨年の5月以降に入会した新入会員5人が壇上で一言ずつ挨拶した。
秋山允恒(62理 上荻)、坂井信行(67法 和泉)、近藤由紀子(72文 上荻)、松本沙織(2002教 高円寺南)、佐野裕幸(06政 清水)の諸会員である。
最後に恒例の校歌斉唱を応援部OBの清水一平幹事の音頭で高らかに歌い、『日本ガンバレ』とエールを送った。名取副会長の中締め挨拶をもって、18時近くに閉会した。  

【田口 佐紀子、写真/写真部】  

2012.05.26 5月26日(土)平成24年度 杉並稲門会 総会・懇親会開催

5月26日(土)午後3時より、出席会員155名(同伴者2名を含む)が集い阿佐ヶ谷・新東京会館にて開催。
石松浩一郎事務局長の司会により物故者への黙祷ののち総会に入った。山田實会長より開会の挨拶。会長の議長就任、議事進行のもと山下早苗副幹事長より平成23年度活動・収支決算報告、林義徳監事から会計監査報告、加藤健幹事長から平成24年度活動計画案・収支予算案並びに会則改定案の説明があり、いずれも承認された。
また会長より「毎年総会にてブロック活動・趣味の部会活動・組織強化活動などに多大なる貢献をされた方々をアクティブ会員として表彰して参りましたが、創立13年目を迎えるに当たり、これまで杉並稲門会を盛り立ててくれましたブロック世話人・趣味の部会世話人・役員会幹事のすべての方々をアクティブ会員として謝意を表し拍手を送りたいので、関係者の方々のご起立をお願いします」とのお話があって総会出席者一同から拍手喝采となった。
続いて、ご来賓の田中愛治早稲田大学理事からのご挨拶があり、東日本大震災による罹災学生・校友への全国校友会から救援金が6千万円(半年間)集まり感謝申し上げたい。また早稲田大学は国際化に関して他大学の追従を許さない活動をしている旨のお話があった。
最後に、加藤健幹事長から福引券付き記念品販売のお知らせがあって総会を終了。

第二部・懇親会は、野原一彦(’92商)、柴田亜矢子(’91教育)両名の司会により久保田貞雄副会長の挨拶で開会。ご来賓の柴田健治早稲田大学地域担当副部長並びに岩上健一世田谷稲門会会長からのご挨拶を頂いたのち、山口治夫副会長の乾杯で和気あいあいとスタート。
会も盛り上がったところで、新会員21名の自己紹介、芥川愛子会員(‘98政経)によるヴァィオリン演奏、長谷川将幹事の司会による恒例のブロック対抗「奇問難問クイズ」を大いに楽しんだのち、締めくくりは清水一平(‘07理工)応援部OBのリードで「都の西北」を斉唱、また「がんばれ日本!」と声高らかにエールを送った。前坂靖弘副会長の閉会の辞と三本締めでお開きとなった。
ご来賓: 濱達次郎中野稲門会副会長

【加藤 健、写真/写真部】


クリックするとPDF画像となります

2011.06.04 6月4日(土)平成23年度 杉並稲門会 総会・懇親会開催

6月4日(土)午後3時より、出席会員130名が集い阿佐ヶ谷・新東京会館にて開催。
石松浩一郎事務局長の司会により物故者および東日本大震災犠牲者への黙祷ののち総会に入った。山田實会長より開会の挨拶。会長の議長就任、議事進行のもと加藤健副幹事長より平成22年度活動・収支決算報告、菊池重夫監事から会計監査報告、久保田貞雄幹事長から平成23年度活動・収支予算案と会則改定案および役員改選議案の説明があり、いずれも承認された。
続いて、ご来賓の迫田実早稲田大学理事・人事部長からご挨拶と、東日本大震災による学生・校友の被災状況や大学の対応、救援金についてお話をいただいた。最後に、今年度の稲門祭実行委員長を務める大島慎子会員から福引券付き記念品販売のお知らせがあって総会を終了。

第二部・懇親会は、野原一彦(’92商)、山下早苗(’78理工)両名の司会により山口治夫副会長の挨拶で開会。ご来賓の大谷俊昭早稲田大学地域担当副部長からご挨拶を頂いたのち、清水雅明副会長の乾杯で和気あいあいとスタート。会も盛り上がったところで、新会員2名(松尾容子さん、板谷誠一さん)の自己紹介、杉並稲門会年間表彰【趣味の部会活動貢献賞・寺本辰雄さん(囲碁部会杉の会)、山本廣資さん(クラシック音楽愛好会)】が行われた。また、新幹事3名が救援金の募金箱をもって会場を回り124,662円と多くのご寄付並びに東日本大震災で被害を受けた宮城県気仙沼市の男山酒造(校友)への応援分も含めて総額127、262円の救援金を校友会に送ることとした。
締めくくりは清水一平(‘07理工)、小林秀礼('79教育)応援団OBコンビのリードで「紺碧の空」「都の西北」を斉唱。前坂靖弘新副会長の閉会の辞と三本締めでお開きとなった。

ご来賓:迫田実早稲田大学理事・人事部長、大谷俊昭早稲田大学地域担当副部長、横沢国夫中野稲門会副会長、久津正行杉並三田会代表世話人

【山下早苗、写真/写真部】 以上

 

2010.05.22 5月22日(土)平成22年度 杉並稲門会 総会・懇親会開催

平成22年5月22日(土)午後3時、2年振りに阿佐ヶ谷・新東京会館にて開催。
145名が出席、石松浩一郎事務局長の司会により物故者への黙祷ののち総会に入った。山田實会長の開会のご挨拶。続いて会長が議長就任後、加藤健副幹事長を指名して平成21年度活動・収支決算報告が行われた。次に林義徳監事から会計監査報告、久保田貞雄幹事長から平成22年度活動・収支予算案と役員1名追加議案(三島雅之’87年法)の説明があり、いずれも承認された。
続いてご来賓の藁谷友紀早稲田大学常任理事から、ご挨拶と母校の近況報告があった。引き続き加藤尚志幹事から今年度の稲門祭(10月17日)で販売される福引券付き記念品販売のお知らせがあって総会を無事終了。

第二部・懇親会は、前坂健二郎(‘93教育)、山下早苗(’78理工)両名の司会により山口治夫副会長のご挨拶で開始。ご来賓の大榊美紀子早稲田大学理工センター理工学術院総合研究所事務長、山本知由中野稲門会副会長からご挨拶を頂いたのち、清水雅明副会長の乾杯で賑やかに懇親会がスタート。
会も盛り上がったところで、新会員5名(吉田道人さん、鈴木徹さん、佐藤栄二さん、大石裕さん、中村正代さん)の自己紹介、杉並稲門会年間表彰【会員特別功労賞・山科恒男さん、ブロック世話人功労賞・第4ブロックの百地健さん、ブロック活動功労賞・第3ブロックの村上明さん、村上洋子さん】が行われた。小林秀礼氏('79教育)並びに清水一平氏(‘07理工)のリードで「紺碧の空」「都の西北」を斉唱。前坂靖弘副幹事長の閉会の辞と関東一本締めでお開きとなった。

【加藤 健、写真/前坂 靖弘】

 

2009.11.06 杉並稲門会創立10周年記念祭 開催

平成21年11月6日(金)夜、約1年前から準備して参りました、杉並稲門会創立10周年記念祭-早稲田大学交響楽団記念演奏会は山田会長挨拶に始まり舞台のオーケストラ演奏と観客席が渾然一体となった「都の西北」の大合唱で閉幕いたしました。
練達のワセオケの後輩たち、永久名誉顧問指揮者の田中雅彦氏、現総長夫人であり、ヴァイオリンソリストの白井朝様、ヴィオラソリストの大島亮様の素晴らしいアンサンブルを拝聴させて戴きました。今年は古関裕而の生誕100周年であり、企画委員の提案になる懐かしく、今も歌い継がれている古関メロディーの演奏にも応えて戴きました。
長期間尽力して戴いた企画委員初め運営スタッフの皆様、チケット販売・購入の実行に大きく貢献して戴きました世話役の方々会員各位に、また後援して戴きました杉並区、早稲田大学校友会、お祝いに駆けつけて下さった23区、都下の稲門会の皆様、関係各位の皆様に厚く御礼申し上げます。
創立10周年記念演奏会の数々の感動の想い出を記憶に留め、大きな契機とし、今後も杉並稲門会を楽しく有意義なコミュニティーとして皆で力を合わせ、育み、ますます発展させるため微力を尽す所存でございます。今後もよろしくご指導ご教示下さいますようお願い申し上げます。有難うございました。                                      

企画委員長 前坂靖弘

【文/前坂靖弘、写真/伊藤年一】